読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷに子ののんびり暮らし

アラサーOLが日々の出来事をつぶやいています。

26歳で初めて妊娠したときのはなし

26歳になったばかりで、初めて妊娠したときのおはなし。

 

初めての妊娠

初めての妊娠は結婚してちょうど1年という時期でした。

家も買ったし、夫婦ふたりの時間もそこそこ楽しんだし、

そろそろ子どもがほしいな・・・というタイミング。

 

だから妊娠が分かったときは本当に嬉しくて嬉しくて。

大好きな紅茶もノンカフェインにしたり、食べるものにも気をつけていました。

 

赤ちゃんが育たない

ところが妊娠7~9週目になっても、赤ちゃんの存在が確認できません。

稽留流産(けいりゅうりゅうざん)でした。

 

胎嚢は大きくなっている。卵黄嚢もある。

でも、胎芽(9週までの胎児)が見えない。

 

先生からは、残念だけどよくある話とのこと。

2週間は自然に流れるのを待ちましょう。

それでも流れなければ手術をしましょう。

ということになりました。

 

マンガで読む 妊娠・出産の予習BOOK

マンガで読む 妊娠・出産の予習BOOK

 

 

流産の原因

妊娠=出産があたりまえぐらいの認識だった私。

稽留流産と言われた日は、それはそれは泣きました。

 

ネットで稽留流産って検索してみると、

「赤ちゃんの染色体に異常がある事が多い」

「お母さんのせいじゃない」と書いてあります。 

 

でも、本当に私のせいじゃないって言えるの?

あの日夜勤で無理したのがダメだったのかもしれない。

まだ20代なのに。どうしてだろう。自分はダメなのかもしれない。

そんな、どうにもならない感情がぐるぐるしてしまう。

 

結局、2週間経っても自然には流れてこないため、手術することになりました。

でも稽留流産と診断された翌日からつわりはなくなりました。身体って不思議です。

 

手術日までの間は精神状態が不安定になってしまったようで、仕事でもつまらないミスを連発しました。

こころの整理をする時間が私には必要でした。