読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷに子ののんびり暮らし

アラサーOLが日々の出来事をつぶやいています。

はじめての妊娠で稽留流産手術をしました

妊娠7~9週目に稽留流産と言われて4週間後に流産手術をおこないました。

手術当日のことをふりかえってみます。 

 

稽留流産手術当日

9:00ごろ、産婦人科

自宅から歩いて10分ほどの距離ですが、15分ぐらいかけてゆっくり行きました。

夫も仕事を休んでくれて、産婦人科の前まで見送ってくれました。ありがたい。

 

前日24:00以降飲食NGだったのでもうお腹がすいてきた。

お腹がすいたなんて思えるぐらい余裕があったのかもしれない。

手術までずいぶん時間があったし、やっと覚悟できてきたのかな。

 

10:00ごろ、手術室へ

先に会計を済ませ、手術室に呼ばれました。

手術室でやったこととしては、

・処方箋の説明

・抗生剤を飲む

・身に着けている金属や下着をはずす(ブラトップならOK)

 

それから手術台に横になり、脚を開くように固定され、

点滴、血圧、酸素を測るものをつながれます。

先生が来てから、点滴から静脈麻酔でした。

 

手術は無意識のうちに終了

・・・。

麻酔ってすごいですね。

寝ている間にすべてが終わっていました。

 

頭がぼーっとして、視界が開けてきたのが10:30ごろ。

看護師さんが何か作業している音が聞こえて起きました。

手術は10分ぐらいで問題なく終わったそうです。

 

手術後の状態

手術後、そのまま2時間ほど手術室で横になりながら待機。

麻酔がちゃんときれてから帰すためだそうです。

夫に連絡し、迎えに来てもらいました。

 

前日のような子宮の痛みもありません。

本当に、お腹の中からいなくなってしまったんだなぁと。

 

家に帰ってからはソファーでぼーっとしたり、横になって過ごしました。